プロミスの審査に通るために

プロミスは最短30分の審査回答最短1時間融資ととにかく早くに借りられるのが大きな魅力ですが、申し込みをしたからといって誰でも早くに借りられるわけではありません。

 

プロミスの審査

申し込み内容、審査結果によってはお金が借りられない、つまり審査に落ちてしまう場合もあります。

 

プロミスの審査内容は明かされていないので正確には分かりませんが、それでも傾向からプロミスの審査の対策は立てられるので、プロミスに申し込みをする前にしっかりと確認をしておくようにしましょう。

 

希望金額は最低限にしておく

申し込みを行う際には希望金額の入力を行いますが、欲をかかずに必要最低限の金額にしておくほうが良いです。

 

プロミスの希望金額

 

カードローンの審査は希望金額の大きさに応じて厳しくなっていくので、必要以上の金額を希望してしまうと審査が厳しくなり回答に時間がかかる、または審査結果が希望通りにならないという可能性が出てきます。

 

必要な金額が5万円や10万円なら、その金額通りに入力をするようにしてください。

 

希望金額が少なすぎると審査で不利になりませんか?

数万円の希望で申し込みをするのは、よほど切羽詰まってると思われて審査が厳しくなるとイメージされている方もいますが、そんなことはありません。
必要以上の金額を希望してしまうほうが審査では不利になります。

他社借り入れで嘘はつかない

申し込みフォームには「現在の他社お借入れ」という欄があり、他社での借り入れ件数や金額を入力することになります。

 

現在の借り入れ状況

 

1円のズレなく入力をしなければならないというわけではありませんが、なるべく正確になるべくズレがないように入力をしたほうが良いです。

 

他社での借り入れ状況は信用情報機関で確認ができるので嘘をついても意味はないどころか、自身の借り入れ状況すらも把握ができていないと思われ、審査で不利になる可能性すらあります。

 

他社で借り入れがある方はできる限り正確にミスなく、件数と借り入れ金額を入力することが大切です。

 

他社での借り入れは全て入力する必要がありますか?

ここで言う「他社借り入れ」は他消費者金融やクレジットカードのキャッシングによる借り入れのみとなります。
ショッピング枠や銀行からの借り入れ、目的ローンなどは含まないので、申し込み時には含めなくて構いません。

同時に何社も申し込みをするのは避ける

どうしても審査に通りたい、プロミスの審査に通るか分からないからと、プロミス以外の借り入れ先への同時申し込みは避けてください。

 

複数のカードローンやキャッシングに立て続けに申し込みをすると、どこの審査においても大きく不利になる傾向になるので、まずはプロミスだけに申し込みをするようにしなければなりません。

 

申し込みの履歴は信用情報機関に半年間は記録されているので、何社も同時期に申し込みをすれば履歴が蓄積され、今後の審査にも通りにくくなってしまうこともあるのです。

 

申し込みは何社までならOKですか?

どこに申し込むとしても何社までOKという明確な線引きはないので、2社ですら審査で不利になる可能性はあります。
基準が正確には分からないので他社を検討するとしても、プロミスの審査結果が出てからにしないと通るはずだった審査にすら通らなくなることもあるので気をつけましょう。

 

 
プロミス
プロミスの特徴

プロミスでは契約完了後、対応する金融機関宛で24時間の振り込み融資も可能です。振り込み以外でもWeb申し込み後の契約機利用で、平日も土日も最短即日のカード発行にも対応をしているので、すぐにお金が必要な方に適するのがプロミスです。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
30日の無利息サービス

メールアドレスとWeb明細の利用登録で、プロミスなら初回の借り入れが30日間無利息のお得なキャッシングが利用出来ます。

 

 

若い世代で収入が多くなくても借りられる

これだけ見るとプロミスの審査が非常に厳しく感じられるかもしれませんが、実際にはプロミスに限らず、どのカードローンやキャッシングに申し込みをするにしても共通をしている注意点です。

 

どこに申し込みをするにしても収入や他社借り入れで嘘をついても審査に通ることはなく、多重申し込みに関しても中小消費者金融ですら審査で不利になる要因になります。

 

プロミスだから厳しいというのではなく、現在のカードローンは年収の3分の1までの借り入れになる総量規制があることでどうしても審査は慎重になっているのです。

 

ただ、プロミスはしっかりと基本を守って申し込みを行えば、銀行カードローンなどでは審査で弱くなる20代や30代前半などの若い世代の方や、収入がそこまで多くない方でも、安定さえしていれば借りられるようになっています。

 

20代と30代の利用者が大半を占めるプロミス

プロミスの利用者は20代から30代が多く、若い世代の方に特に人気が高くなっています。

 

以下にまとめたプロミスのサービスを提供するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の公表データを見ても、プロミスの利用者のうち、70%以上は20代と30代の方となっています。

 

年齢 顧客数 構成比
~29歳 387 50.9
30歳~39歳 148 19.5
40歳~49歳 112 14.8
50歳~59歳 61 8.1
60歳~ 24 3.2

出典:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社|決算補足資料より、2018年3月、2019年3月、2020年3月期の新規顧客合算

 

また、アルバイトやパートの方など、給料としての収入は安定していても年収が高くはないといった方でも、プロミスなら問題なく利用が可能です。

 

プロミスは利用における年収の制限はなく、以下のように利用者の75%弱が年収400万円未満となり、さらに年収200万円未満の利用者も全体の20%以上はいるという公式公表のデータもあります。

 

年収 顧客数 構成比
200万円未満 151 20.5
200万円~299万円 188 25.5
300万円~399万円 199 27.0
400万円~499万円 102 13.9
500万円~599万円 40 5.5
600万円~ 49 6.7

出典:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社|決算補足資料より、2018年3月、2019年3月、2020年3月期の新規顧客合算

 

年収は安定して高いほうが審査で有利にはなりやすいですが、年収が低いからといってプロミスの利用ができないというわけでもないのです。

 

収入は低くても借りられる可能性はありますが、無収入の方や自身で収入を持たない専業主婦の方では借りられません。

 

他社で借り入れがある方は注意

いくら年収が高くなくても利用ができるとはいっても、プロミスでの借り入れは他社と合わせて年収の3分の1までになります。

 

年収200万円の方であれば他社で既に70万円の借り入れがあればプロミスで借りることはできず、申し込みをしても審査に通ることはありません。

 

他社借り入れとは上で触れたのと同じように

 

  • 他の消費者金融での借り入れ
  • クレジットカードのキャッシング

 

となります。

 

プロミス以外に例えばアコムやアイフルなどから年収の3分の1近く借りてしまっている方は、まずは借金を減らすことを優先して考える必要があります。

 

利用者急増中!!
プロミス
ネット申し込みで最短1時間融資

 

審査に通れば便利なプロミス

プロミスは契約後の利用が特に便利です。

 

カードを使ったATMでの借り入れにしても

 

  • プロミスATM
  • 提携コンビニATM
  • 提携銀行ATM

 

など様々なところで利用ができるので、どこにいても素早くお金が借りられます。

 

また、プロミスではカードを使わなくても銀行振り込みや、スマホアプリを使ってセブン銀行ATMでも借りられるので、カードを持ち歩かなくても借りられる良さがあります。

 

カードレスで郵送物なしの契約ができる

カードがなくても振り込みやセブン銀行ATMで借りられるプロミスなら、カード自体がなくても問題はありません。

 

Web契約の際には後日に自宅宛にカードが郵送されることになりますが、カード自体が不要ならカードレスでの契約としておけば郵送物なく手続きが完結できます

 

それでも契約後にやっぱりカードが欲しいとなれば発行をしてもらうこともできるので、郵送物が届くのが困るという方はカードレスで契約をして、契約後にカードが必要かどうかを判断してみるのも良いでしょう。

 

カードは郵送ではなく近くの契約機まで受け取りに行くこともできます。契約機での受け取りなら郵送はありません。

 

プロミスなら返済も安心

プロミスの返済は借り入れ残高に応じた返済金額を、毎月5日、15日、25日、末日の中から指定日に入金を行います。

 

返済金額は以下のようになり、借りる金額が少なければ毎月の返済は数千円となるので無理なく利用ができます。

 

借り入れ残高 返済金額
1万円 1,000円
5万円 2,000円
10万円 4,000円
20万円 8,000円
30万円 11,000円

 

上記の金額は期日までに入金をする必要がありますが、それに加えて任意での追加の返済は自由に行えます。

 

追加で入金をしておけばその分だけ借り入れ残高が減ることになり、次回以降の返済時にかかる利息が減らせるので、お金に余裕があれば返済は積極的に進めておくと良いでしょう。

 

計画的に利用ができるプロミス

毎月の返済金額が大きくなっていると無理な計画で利用をしてしまう場合がありますが、プロミスでは少ない返済金額で借りられるので、無理のない計画でカードローン、キャッシングの利用ができます。

 

もちろんそのためには自身で毎月の収入や支出から返済に回せる金額を確認し、無理がないように借りすぎないようにする必要はありますが、しっかりと確認をして借りるならプロミスなら安心です。

 

女性の利用者も増えているプロミスなら、初めてお金を借りる方も、他社で借りている方でも、多くの方にとって困ったときに頼れる借り入れ先になります。

 

 
プロミス
プロミスの特徴

パソコンでもスマホでも来店不要でWeb契約が可能で、50万円までの契約、または他社での借り入れと合わせて100万円までの契約なら、原則として収入証明書の提出は不要です。本人確認書類で契約ができるので、余計な書類の準備なく素早くお金が借りられるようになっています。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
最短1時間で借り入れ

プロミスなら申し込みから借り入れまで、最短1時間ととにかく早いです。すぐにお金が必要な方も、周りにバレずに借り入れ可能です。

 

プロミスの審査に通過をするために